« 地震 | トップページ | 仕事・・・ »

続地震



にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ


鳥取の情報ブログランキングあります。ポチよろしくお願いします。


地震から、ぞくぞくといろいろな話題が入ってくる。


ブログでもいろんな話を聞くことができた。


特に物資の支援、つまり差し入れは個人から受付はいないということだ。これは手配が大変であるという理由らしい。


人の善意はお金ではというが・・・お金のほうがどうやらいいらしい。


しかし、少し余っているお米とか、野菜とかを県こどで窓口があって、そこに持っていくと割り振りしてくれるというシステムがあればどうだろうか・・・


お金は・・・しかし、お米や家具だって使わないものがあるとか、テレビも古いが・・・どうぞ・・・というのはリサイクルの点からしていいと思う。


また、家屋に対してだが、阪神大震災から共済に入ると一律600万が支給されるということだ・・・詳細はわからないが・・・


このようなシステムを早く全国にするべきである。その他の対策も家屋に対しては必要である。


建築に関しても、素人さんは、地震で家が倒壊したから、建築業界はいいんじゃないの・・・とんでもございません。テレビでも家の立替資金がないとか言っているところに、請け負ったら・・・支払いは・・・?私は恐くて請け負えないと思う。


それと、倒壊まではいかなくても、リフォームの必要がある家、どこまでが必要な部分で、どこまでが使える部分か(傾斜ができたら・・・あまり使えないものだが・・・)アドバイスをくれる人がいたり、資金の調達の方法をアドバイスしてほしいものだ・・・


あとは仮設住宅もまだまだ作れないとか・・こちらは雪が大変だし・・・


それとトレーラーハウスの話も出ていたが・・


なんで、何回も地震が起こっている日本で、そんな対策がきちんとできていないのだろうか・・・


年金にもしかり、災害にもしかり・・・


いろいろな部分でできていないことあるよね・・・


領収書の添付・・・政権争いもいいけど・・・


おい・・・することはちゃんとせいといいたいのだが・・・


それは私のわがままですか・・・


一票だけでは足りませんか


??????


|

« 地震 | トップページ | 仕事・・・ »

コメント

支援物資が使われず、しまっている倉庫の利用料が財政を圧迫しているという、
話をどこだかで聞いた記憶が。

ボランティアのボランティアで疲弊する話もどこかで聞いた記憶が。

コーディネートするということが、
この時期、一番重労働なのかもしれませんね。

投稿: 被災宅地危険度判定士 | 2007年7月20日 (金) 22時06分

そうですね。コーディネートは判定士の役割ではありませんが、ボランティアにも、福祉、子ども支援といろいろあって、またそれらのコーディネートが難しく、両者合同でのボランティアコーディネートの講習にも参加したことがあるのですが、考え、温度差を感じました

投稿: でもどり | 2007年7月21日 (土) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続地震:

« 地震 | トップページ | 仕事・・・ »